おもてなし英会話を鍛えたい

タクシー運転手の英語力がペラペラになるための3つのコツ


ゼットマン
ゼットマン
こんにちは、ゼットマンです。

外国人客を乗せたいけど、自分の英語に自信がない。
訪日外国人の観光タクシーをやってみたい。
タクシー運転手に必要な英語スキルは?

そんな悩みを解決します。

本記事を書いているゼットマンはオンライン英会話で1,300人以上の外国人と会話を継続学習してきた結果、訪日外国人に観光案内できるようになりました。

本記事を読むことで、次のことができるようになります。

・機械に頼らず、自分の英語で接客できるようになる
・外国人客との会話トラブルがなくなる
・英語で意思疎通が取れて以前より多く集客ができる【収入UP!?】

今後、2020東京オリンピック開催により多くの訪日外国人が予想される中、タクシー運転手も今まで以上に英語で接客するスキルが求められます。
求人情報をチェックすると、求人条件に「英語対応可能なドライバー」と書かれる機会が増えたと実感している方も多いと思います。

「会計するときにスムーズにいかない」
「行き先すらうまく聞き取れずストレスがたまる」

なんで日本のタクシードライバーは英語話せないんデスカ?本当に不便デス

こういった状況にならないためにも、今から英語を話すための準備が必要です。

「やばい・・もうこんな歳だし、英語を学習するのは手遅れか・・・」
そう思うかもしれませんが、英会話に年齢は関係ありません。

タクシーで応対できるようになるための英会話力は完璧にペラペラにならなくても大丈夫です。

1-1.言い換えるスキルがあればOK

結論から言うと、タクシー運転手の英語力はペラペラじゃなくても大丈夫です。
その理由は、外国人客を応対するにはシンプルな英語で十分だからです。

当たり前のことを当たり前のように言いましたが、意外と多くの人ができていないのも事実です。

例えば、「半ドアですよ」とお客様に伝えるとしましょう。

日本人の感覚で半ドアを訳すと、「ハーフドア!(半ドア)」
という人がいるかもしれません。

Half Doorってなんやねん!?

これだとドア自体が半分しか無い状態を指し、半分空いている状態を伝えることができません。

そう、こんな感じに↓↓


文字通り、半ドア!!(本当にこんなのあるんだ・・・)

これだと外国人が聞いても理解してくれないので、たとえ直訳できる単語が見つからなくても別の言葉で言い換えることで微妙な単語も表現できるようになります。

じゃあどうやって「半ドア」と伝えればいいのか?

言い換えるコツは次の2つです。

①まずはシンプルに言い換えるクセをつける!

半ドア=半分しまっていない状態=完全に閉じていない状態

②全てのニュアンスを伝えようとしない

言いたいことの7割伝われば上出来です。
100%翻訳可能な言語は存在しません。
なぜなら文化そのものが違うからです。
文化が違えば感性も違うし言い回しも根本的に違います。
つまり、一番伝えたい点は何かを決めてシンプルな言い回しで伝えましょう。

Any doors don’t closed completely.
(ドアが完全に閉まっていません。)
So let me confirm for now.
(少し確認させてください。)

少し文章が長くなりましたが、このように直訳英語を知っていなくてもシンプルな英語で伝えることができます。

私たち日本人は、昔から英語テストで「答えが一つ」の固定概念を植えつけられてきました。
そのため、参考書や教科書に載っていない表現や単語が出てくると頭がフリーズしてしまうのです。

英会話はテストではありません。
人の数だけ答えがあります。
一番しっくりくる言い方で伝えればいいのです。

1-2.まずはおもてなし英会話を鍛えよ

結論から言うと、おもてなし英語を学ぶには、英語応対能力検定のスコアを伸ばすことが最短の道です。

英語応対能力検定ってなに?難易度、受験料、教材、全て公開!こんにちは、ゼットマンです。 本記事では、おもてなし接客を学ぶ人に評判の英語応対能力検定試験について解説していきます。 そもそも...

顧客満足につながるおもてなし英会話を鍛えれば、外国人客が乗ってきても言葉の心配もなく仕事ができるようになります。

なぜなら、現場で本当に必要なのはコミュニケーション能力だからです。

そもそも、コミュニケーションには話すためのアウトプット作業が必要不可欠です。
「英語が話せない」という人に共通しているのが、アウトプット不足なので、まずは発話する練習から始めましょう。

【真実】英語の初心者が上達しないたった一つの理由英語を聞き流していれば聞き取れるようになる 映画を見て勉強しているけれど、登場事物みたいにスラスラ話せない 単語帳で勉強を続けている...

私たちに馴染みのあるTOEICや英検は、Listening & Readingとあるように聞き取るスキルと読解力を鍛えるためのテストで、いわゆるインプット作業に当たります。

何が言いたいかというと、TOEICはコミュニケーション能力を身につけるには遠回りな勉強法で、非効率的な内容を含んでいるということです。

もちろん、TOEICをひたすら勉強していればスピーキング力も伸びますが、上達するまで何年かかるかわかりません。

TOEICが無駄ということはありませんが、自由な時間が少ないタクシー運転手は、超目的型思考アウトプット中心の学習をしていくのがおススメです。

英語応対能力検定を受けてみよう

タクシー運転手に是非受けて欲しいのが、英語応対能力検定「タクシー」区分です。

これが何かと言うと、最近生まれた新しいタイプの英語検定です。
TOEICにも「SPEAKING&WRITING」といったアウトプット系の試験がありますが、英語応対能力検定は職種に特化した検定となっていますので、スコアが上がるほど上達が実感できます。

英語応対能力試験は、おもてなし英語がベースに作られている為、覚えたそばから実践できる内容ばかりです。

そもそもおもてなし英会話とは何か?
簡単に言うと、外国人のニーズに柔軟に対応できて、お客様が満足して乗車できる英会話です。

英語応対能力検定は、一般的な検定のような「合格」「不合格」といった判断基準がないので、気軽に自分のスキルポジションを把握することができます。

「一般」区分で受験したところ「A判定」でした!↑↑

また、公認教材を購入すれば試験問題そのものがタクシーの職種にコミットしているから安心してテキスト学習できます。
学習機も異動時間やちょっとしたスキマ時間有効活用ができるのでおススメです。

1-3.なんとかなる、は「逃げ」?

普段よくタクシーを使うのですが、ドライバーに「外国人客が来たときにどう対応していますか?」と聞いたところ、このような答えが圧倒的に多かったです。

「自動翻訳機やガイドブックがあれば何とかなると思っている」
「行き先さえ聞き取ることができれば大丈夫」
「ジェスチャーですべて乗り切る」

本当にそれでいいのでしょうか。
言い方きついですが、それは「逃げ」の考えだと思います。

たしかに自動翻訳機や翻訳アプリが充実してくれば、業務上支障は無くなると思いますが、日本社会で実用に至るまで予想以上に時間が掛かるので、機会に全信頼を預けるのは現実的では有りません。

とはいえ、市場に出回っている高性能の自動翻訳機は現状として日本人特有のおもてなし表現に翻訳するまでの技術が不十分です。
自分が翻訳できていると思っている翻訳が、正しく翻訳ができていない場合があるからです。
少なくとも現在(2019年)の翻訳技術では字面の翻訳で止まっているので、最初から頼るのは良く有りません。

現在の翻訳具合はこんな感じです。

例えば「行き先を教えてください。」と翻訳機に通すと・・・

“Please tell me where you are going?”

実はこれ、外国人に聞こえている表現が違います。

実際は、「行き先を言ってくれ。」です。
Pleaseをつけたからといって必ずしも丁寧な表現になるとは限りません。

丁寧に表現するならば、こうなります。

“May I ask your destination?”
(目的地を伺ってもよろしいでしょうか?=行き先はどちらになりますか?)

「座ってください」と伝える時も同様です。

Sit down, please. だと「座って!」というニュアンスになり、
“Have a seat,please.”と言った方がフォーマルです。

このように、英語を第二言語として学んできたアジア人はそこまで気にしないですが、アメリカやカナダ、イギリスから来たネイティブはネガティブなイメージを持ってしまいます。

生の外国人で予行練習してみよう【無料】

当たり前ですが、いきなり英語で接客しようとしてもうまくできません。
少しずつ上達していくしか方法は無いです。
とはいえ、仕事なので能力問わずある程度しっかりと話さないといけない立場なのはつらいところですよね・・。

まずは心理的ハードルをクリアする為に、オンライン英会話で学ぶことをおススメします。
なぜなら、経験こそが最強の上達法だからです。

例えば、三輪車しか乗れない子供が二輪車に乗れるようになる為には、教本ばかり読んでも上達しません。
実際にペダルを漕いで、転んで、を繰り返すのが不可欠です。

英語も同様に、実際に生の人間と英会話をすることが重要です。
ひたすら、実践することが上達の近道です。

無料体験レッスンチケットを使えば、入会せずとも外国人と話すことが可能です。

【10社を徹底比較】初心者に伝えたいオンライン英会話の選び方オンライン英会話をやってみたけど、上達した気がしない オンライン英会話はどこも同じだと思っている 取り合えずコスパ重視で安価な英会話...

初心者の方は、フィリピン人英会話レアジョブ英会話をおススメします。
なぜなら日本人の耳が聞き取りやすいからです。
背伸びしてネイティブと会話しようとしても「音」が聞き取れずにやる気が失せてしまいます。

【安いだけじゃない!】英会話初心者にフィリピン人講師がオススメな理由 本記事では、英会話初心者であればあるほどフィリピン人講師をオススメする理由を解説します。 本記事を...

ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です