vipabcの無料体験レポート

料金は高い?講師のレベルは?vipabcを無料体験してわかった長所と短所

講師全員が国際的英語指導資格(TESOL)保持者しか在籍していないvipabcのレッスンがいかようなものか・・・無料体験レッスンを受けた感想を載せます。
今回は、vipabcの講師のレベルと料金の高さについて、メリットとデメリットを交えながら紹介したいと思います。

vipabcの3つのメリット

1-1.電波障害のリスクがほぼゼロ

一般的なskypeを使ったオンライン英会話では、
skypeサーバ側による電波の不具合やアップデートのし忘れにより
電波環境が劣悪になることがあります。
この場合は生徒側の都合でレッスンを受けられないことになるので
カスタマーセンターに問い合わせても代替レッスンチケットは
もらえないといったリスクがあります。
なにより、忙しい中確保した時間そのものを無駄にしたことになります。

その点vipabcは、独自プラットフォームでレッスンを行っているため、
skype不具合の影響を受けません
ウェブサイト上に独自のレッスンルームで行うため、たとえ電波が悪くなったとしても、「オンラインヘルプ」から電波の不具合を
報告すれば直ぐに専属カスタマーサービスが対応してくれます。

1-2.講師全員が教えのプロフェッショナル。時間の無駄がゼロに

冒頭でも触れましたが、講師全員がTESOL合格者のため第二言語として英語を学んでいる人にとってはこれ以上にない類の先生たちです。

イメージがつかない方は、通学式英会話の一流教師を一定時間貸し切ってレッスンをイメージするとわかりやすいと思います。

1-3.復習がしやすい環境が整備されている

AI,TESOLに引き続きこれも業界初の試みですが、自分が受けたレッスンの録画再生が可能です。

基本的に受けたレッスンのすべての再生が可能で、客観的に自分の英語を分析することが目的であり最大の効果です。
レッスン中、気分が舞い上がったり、あっぷあっぷしているのも自分では気づかないものです。

受けたレッスンを再度第三者としてみることで講師の反応、自分の発音、単語のチョイスなどを細かく観察することができます。

 

1.ダウンロードはできない!

基本的にストリーミング再生している都合で、
ダウンロードはできないことになっています。
復習される際も、電波の繋がる場所で行うことをオススメします。

2.録画を見過ぎない

自分の弱点は気になるものですが、見過ぎには注意しましょう。
見過ぎによる自信喪失につながってしまうと、
逆効果になってしまうので週に一回程度にとどめましょう。

vipabcのデメリット

料金が…高い!

なんといってもこれでしょう。
サービスは最高レベルなのですが、料金も最高レベルです。笑

大きく分けて3つのコースです。

料金は一般的なオンライン英会話と比べてずいぶん割高ですが、「レベルアップするまでは弊社が責任もちますよ!」といわんばかりにレベルアップ保証サービスも展開しています。

でもせっかくお金をつぎ込んだのに、
実力がつかないのは絶対に嫌だ!…

と躊躇している方、 心配はいりません。

料金保証制度【奨学金制度】

その理由は、vipabcが設けているレベルアップ保証/奨学金制度にあります。
無料体験レッスンでチェックされたレベルに応じて、保証された範囲が決まっています。
保証された範囲というのは、実力がアップするまでvipabcが料金を保証されたレベルのことです。それらのデータはAIがビッグデータを分析した結果です。

例えば、レベル8に判定された生徒は、レベルがプラス3つ上まで(11まで)保証レベル範囲内なので、たとえ目標期間内でレベル達成できなかったとしてもvipabc が超過分を全額保証するというのがレベルアップ保証制度です。
レベル11に達するためには、AIデータによればあと285回で目標達成するということです。


カリキュラム終了後にレベルにまだ達していなかった場合は、もう一回分(1ヶ月分)レッスンを無条件で付与されます。(一切料金はかかりません)
1ヶ月後、それでもレベルが達していなかった場合は、もう一回分(1ヶ月分)レッスンを無料で付与されます。
そして1ヶ月後レベル判定を行います。このように、保証されたレベルに達していなかった場合は目標に達成するまでほぼ永久的に追加課金なしで受けることができます

対照的に、一定期間内にレベルアップに成功したら、奨学金をプレゼントしています!

中途半端に安価なオンライン英会話を選ぶより、多少高いが実力が保証された英会話を選んだ方が、長期的にみて安く費用を抑えられるケースが多いです。

どうやってレベルアップが認定されるの?

生徒には昇進審査期間が設けられており、3人の講師が全員レベルをあげてもいいとオッケーを出せば昇進できます。
一人でも「待った」をかけたら、再度昇進審査一人目に戻ります。

まとめ

お金がかからない独学を貫くかお金をかけて実力を確実に得るかはあなた次第です。
しかし、時間は有限です。
いくら時間をかけても良い講師と出会わなければ誤解を持ったままです。
将来10年、20年後には日本人の人口が激減していくと同時に、外国人移住民が今より何倍にも増えていきます。
その時にもまだ独学を続ける覚悟はありますか?
英語を本気でやるならいまがラストイヤーです。

1レッスン体験してみる【無料体験有り】

公式サイトへ>>


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です