オンライン英会話

独学していても英語が上達しない7つの共通点

こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。

今回は、英会話がいつまでたっても上達しない人の代表的な特徴を7つ紹介します。

英会話スクールに通っているのに、なかなか上達しないな…
こんなに勉強してるのに英会話スキルが上達した気がしない…
もしかして、英語向いてないのかな…

そんな経験ありませんか?

英語が話せない原因はあなたではありません。

学習方法ですが目標とマッチングしていないから上達が現れにくいだけです。




独学で上達しない理由 ①アウトプット不足

英会話で伸び悩んでいる人の特徴上位にあがってくるのが、ボキャブラリーや英語表現はいっぱい知っているのにも関わらず言いたいことがすぐに出てこないことです。

単語や表現文法を暗記(インプット)はするけど、言葉を伝える練習(アウトプット)する機会が無い為、このようなことが起きてしまっているのです。

そのような人の特徴の悪い癖は、言いたいことを頭の中で完全な文を作り終えてから喋ること。
さんざん頭の中で文を作ってみた挙句、結局発した言葉が「yes」 の一言だけだと切ないですよね。

話せないと不満に思っている人は、文法やボキャブラリーは十分にインプットできている為文法は一旦忘れてひたすら言いたいことを言葉に起こす練習がオススメです。

英語を話す勇気はないけど手軽にアウトプット練習したい方はコチラをご覧ください。
英会話は実践して間違えて、初めて実力が身についていくものです。
アウトプットの機会を増やすことで、間違うことの恐怖心がなくなって自信がついてきます。

独学で上達しない理由 ②単純に忙しい

忙しい…この理由がダントツで多いです。
仕事の残業が続いて、お腹ぺこぺこ&疲れた体で家に帰る。
勉強したい気持ちがあっても面白いバラエティ番組や友達とのラインや家事や掃除、洗濯のタスクという名の誘惑が押し寄せてきます。

明日やろうと言いながらスマホを触ってしばらく経つと、気づけばもう0時回って寝る時間。
こんな日が続くと当然モチベーションも落ちていきます。
全く勉強しないのと5分でも毎日勉強するのでは全く違ってきます。

英語上達に王道はなし。継続あるのみです。

忙しいを言い訳にせず、モチベーションを上げて継続した学習スタイル を身につけていきましょう。

独学で上達しない理由 ③お金の使い方が下手

有名な英会話スクールで何万もレッスン代を払っているのに 英語が上達しない…
会話がうまくできない… そんな方は今の勉強法がマッチしていないのかもしれません。

通学式英会話スクールのレッスンスタイルは個別からグループレッスンまで様々ですが、
毎日レッスンはできません。
月5回程度でも最低料金が月1万は超えてしまいます。

当たり前ですが、英会話教室に入っても英語がうまくなるなんていう保証はありません。
結局は自分の頑張り次第です。 英語は常に学習していないと使えなくなってしまうものなので、本人が無理なく続けられる勉強法が大事になってきます。

いかにやる気を持続させるかがポイントとなってきます。

「やる気が持続するたった5つのコツ」を知りたい方はこちら

独学で上達しない理由 ④正解が一つだという誤解

日本人の良いところでもあり、英語学習の足かせにもなっているのが
真面目すぎるというところです。
テキストの定型文だけが正解だと思い込み、それ以外の正解を探そうとしないことです。

テキストで紹介されている表現文はあくまで一つの例です。
もちろん、最初のうちは定型文を暗記してもらうのはいい勉強法です。
一つ例文を覚えていれば、スピーキング能力関係なくとっさの時に出てきますので、むしろ積極的に覚えるようにしてください。
ただここで気をつけたいのが、表現に正解はないということです。
これは日本語でも言えます。

例えば、この椅子は座り心地がいい!と伝えるとします。

This chair is very confortable.
This chair is just right.
This chair makes me feel relaxed.
I’m feeling good!
I liked it!

ほんの一言だけなのに、 伝えたいニュアンスによってこんなにも表現の幅があるわけです。
「座り心地がいい!」と書いていますが、「私はこの椅子が好き」と言う意味でも捉えることができます。

言いたいことはあるのに言葉がうまく出てこない人は、別の言い方や伝え方がないかどうかを考えてみましょう。
“confortable”(心地がいい)という言葉を知らなくても
”I liked it!”(気に入った!)は知っていますよね?

一旦難しいことは考えず、文字で伝えるより気持ちで伝えることにフォーカスしてみましょう。

独学で上達しない理由 ⑤勉強仲間が少ない

失敗は成功のもとというように、成長には失敗からの学びが絶対です。

間違えるのは大いにいいことですが、勉強の成果を最大限得るには自分の文法ミスや発音を指摘してくれるパートナーが必要です。

間違いをすぐに指摘してもらえるような環境を作っておきましょう。

外国人の友達、家族、地元の英語ができる友達、SNSで知り合った外国人など、多ければ多いほどいいですが、いつでも連絡が取れるようにしておきましょう。

地元に外国人の友達がいない方は、facebookなどで探してみましょう。
facebookに”Japanese – English language exchange(JELE)”と検索すると、日本人と世界中の外国人をつなぐコミュニティ(承認制)が出てきます。

日本語を学びたい外国人と英語を学びたい日本人で構成されたコミュニティであり、異文化交流や言語学習に役立てています。

各ユーザーが興味のあることや言語について疑問に思ったことを掲示板に載せていくと
誰かが必ずその質問に答えてくれます。
実際に会ったことがない人でも、 インターネットを使えば”先生”を見つけることは そう難しくはありません。

外国人と仲良くなる方法をもっと知りたい方はコチラへどうぞ

独学で上達しない理由 ⑥受け身スタンス

明確な目標はないけど、とりあえず、なんとなく勉強をしている。
そのような勉強法ではダメです。

当たり前ですが、ビジネス英語を学びたい人が日常会話表現を覚えても、なりたい自分にはなれません。 目的にコミットした勉強法をしないと上達できません。

まずは英語を使ってどうしたいのか、何になりたいのか目標を決めて、その目標に見合った勉強法を続けていけば必ず上達します。

独学で上達しない理由 ⑦単語の勉強で満足している

単語帳を覚えて満足、勉強を自己完結させていませんか?
とりあえず今は語彙力をつけて、後からスピーキングを練習すればいいや、と思っていたとしたら、今すぐその考え方を捨てましょう。

確かに単語を覚えることは重要ですが、単語は使っている間にすぐに覚えます。
すぐにモチベーションが下がってしまい、能率も悪いです。 単語帳は字の羅列がひたすら続きます。
そんな勉強法は続く方が不思議なくらいです。
続いている方は自分を褒めてください。
そして今すぐにそのバイタリティをアウトプット学習に向けましょう。

英語力は実際にアウトプットして伸ばしていくものですし、 自然と単語を覚えてきます。
英語を話せるようになって外国人と会話ができるようになることが目標なのに、単語帳を作ることが目的になっていませんか?

目的と手段は何かを考えて今一度学習を見直してみましょう。

独学で上達する近道はオンライン英会話

独学してるのに英語が話せない7つの理由
①アウトプットの機会が少ない
②忙しい
③お金が掛かる
④正解が一つだけだと思っている
⑤勉強仲間が少ない
⑥受け身スタンスで勉強している
⑦単語の勉強ばかりしている

以上7つ紹介しました。

しかしながら、これも全部言い訳。

忙しくても、お金がかかっても勉強しなきゃ話せる様にならないのも事実です。

そこでおすすめしたいのがオンライン英会話の無料お試しレッスン。

初回限定で2回ほどレッスンを無料で受けられるというオンライン学習サービス。

スマホ一台あればレッスンができてしまう気軽さが人気の理由です。

興味があれば無料体験にトライしてみてはいかがでしょうか。

初めてのオンライン英会話で失敗しない選び方【無料体験有り】こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマン(otona_eikaiwa)です。 当ブログでは、大人から英語を学び始めた人...


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です