大人英会話の勉強方法

【誰でもかんたん!】短時間で多くの英語の動詞を暗記するコツ

こんにちは、「おとな英会話ジム」をゼットマンです。
今回は、記憶力がない人でも短時間で多くの動詞を覚えられるコツを紹介します。

英会話を勉強していくほど、知らない動詞に出くわしますよね〜。

たくさん覚えなければいけない動詞が多すぎてよくわらからない!

そんな大人が多いと思います。

動詞を覚えられないのは記憶力低下ではありません。
あるコツを使うだけで、誰でもかんたんに動詞を覚えられちゃいます!




結論から言うと、動詞の語彙を増やしたいなら不規則動詞から覚えることをオススメします。

不規則動詞とは?

動詞の過去形・過去分詞系が-edの末尾にならず、不規則に変化するもの

不規則動詞から覚えたほうがいい理由は、動詞の約70%が不規則動詞だからです。

まずは、動詞の活用パターンについて解説します。

※すぐに不規則動詞一覧を見たい方は、目次「活用が変化しない動詞」からジャンプできます。

規則動詞より不規則動詞を先に暗記!

動詞には、大別して2つの動詞に分かれます。
規則動詞不規則動詞です。

規則動詞-ed,-ed決まった規則で活用形が変化する動詞
不規則動詞不規則に音・スペルが変化する動詞

 

今回は、不規則動詞を掘り下げて解説していきます。

不規則動詞には4パターンあります。

①A-B-A
②A-B-B
③A-B-C
④A-A-A

タイプ1 A-B-A

過去形だけ変化するパターン

これは不規則動詞で一番少ないパターンなので、率先して暗記してしまいましょう。

原形過去形過去分詞
comecamecome
runran run
becomebecamebecome

 

タイプ2 A-B-B

過去 – 過去分詞ともに同じ活用形のパターン

このタイプが不規則動詞で一番多いと思います。
全て暗記するのは至難の業なので、会話や文章の中で日常的に検索しながら覚えていくのがオススメです。

持ってくるbringbroughtbrought
見つけるfindfoundfound
会うmeetmetmet

 

タイプ3 A-B-C

すべて変化するパターン
特徴は、過去分詞の終わりが -en,-n,-neとなる場合が多いです。

bewasbeen
dodiddone
drivedrovedriven
growgrewgrown

 

タイプ4 A-A-A

原形-過去形-過去分詞形、すべて同じ活用です。
活用が変化しない動詞は限られているので、一気に覚えてしまったほうが効率がいいです。

次の単元で動詞を紹介します。

不規則動詞だけど活用が変化しない動詞もある

すべて同じ活用なので記憶しやすいメリットはありますが、文章で見かけたときに時制や受け身など推測するのが少し難しいデメリットもあります。

【活用形がすべて同じ動詞】

意味原形過去形過去分詞
包囲するbesetbesetbeset
賭けるbetbetbet
投げるcastcastcast
が掛かるcostcostcost
打つ、襲うhithithit
傷つけるhurthurthurt
はめ込むinletinletinlet
編むknitknitknit
させるletletlet
不適当な仕事を任されるmiscastmiscastmiscast
相殺するoffsetoffsetoffset
…より高値をつけるoutbidoutbidoutbid
産出するoutputoutputoutput
くつがえすoversetoversetoverset
嘆願するpleadpleadplead
置くputputput
読むreadreadread
作り直すrecastrecastrecast
研ぎ直すresetresetreset
取り除くridridrid
置くsetsetset
う●ちするshitshitshit
細くするshredshredshred
閉めるshutshutshut
細長く切るslitslitslit
つばを吐くspitspitspit
裂くsplitsplitsplit
広げるspreadspreadspread
また貸しするsubletsubletsublet
ひっくり返すupsetupsetupset
結婚するwedwedwed

 

動詞を覚えるには発話練習がおすすめ【無料あり】

今回は、不規則動詞の中の④A-A-Aのパターンを紹介しましたが、いますぐ覚えた英単語を定着させたいならオンライン英会話でアウトプットをしてみましょう。
なぜなら、覚えた直後がインプットできるゴールデンタイムだからです。

人間の記憶は、インプット→アウトプットの繰り返しで定着していきます。

英単語は使ってなんぼです。
覚えた動詞をずっと頭にキープしているだけでは面白くありませんからね。

例えば、スーパーで野菜やお肉を買うことができても調理方法を知らなければいい料理は完成しません。
英語も同様に、どれだけ多くの動詞を覚えたところで文章の組み立てを知らなければ英会話は成り立ちません。

繰り返しますが、是非オンライン英会話で発話の練習が一番効果的な学習法です。
初心者の方は、フィリピン人講師が多く在籍するレアジョブ英会話
がオススメです。



英会話の初心者であるほどフィリピン人講師ををおすすめする理由こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。 今回は、英会話初心者がフィリピン人講師を選ぶべき理由を解説します。 ...

ネイティブスピーカーにこだわりたい人はネイティブキャンプがオススメです。



とはいえ、「オンライン英会話で何を話せばいいのか?」と疑問に思う人もいらっしゃるかと思います。
初心者ならなおさら外国人を前に緊張したり、頭が真っ白になる事もあると思います。

そんな方は、覚えた動詞を使って「1分間日記」を作ってみましょう。

なぜなら3つのメリットがあるからです。

①緊張で言葉が浮かばなくても読むだけでいい
②実際にオリジナル英作文で実践的なアウトプットできる
③外国人と会話できたという自信に変わる

日記のネタがない人は、自己紹介でも構いません。
とにかく、自分の口から英語を発話することが大事です。

こちらも参考にしてみてください!↓↓

【1分で読める】オンライン英会話で会話が5倍続くフレーズこんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。 今回は、言葉が出てこなくて会話を続かないという人に向けて、5倍長く...

ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です