リスニング

【保存版】英語のリスニングができない理由と苦手克服する勉強法

英語のリスニングができない理由

こんにちは、「おとな英会話ジム」管理人のゼットマンです。

今回は、英語のリスニングができない理由と苦手克服する学習法を解説していきます。

すべて経験で得た本質的な内容を載せているので、リスニング勉強の解説書としても理解しやすいと思います。

英語のリスニングができない3つの理由

①日本語脳で英語を聞いている〜英語脳に変える〜
②カタカナ英語でしか発音できない〜音節に注意〜
③英語の音の法則を知らない〜リエゾンを理解〜

日本語脳?音節?リエゾン?

聞いたことのないコトバばかりだと思いますが、一つずつわかりやすく解説していきます。

リスニングはネイティブとの英語で実用的な会話だけでなく、TOEIC、英検など英語試験でも避けては通れないので、英会話をする上で必要不可欠なものです。

まずはこの記事を読んで少しでも多くの方が英語リスニング の苦手意識が改善できたら嬉しいです。

リスニングができない3つの理由【徹底解説】

 

リスニングができないし、苦手で仕方ない…

それはあなたのセンスが無いからでもなく、能力が低いからでもなければ耳が悪いわけでもありません。

ただ正しい学習法を知らないだけ、それだけです。

リスニングができない理由①日本語脳で聞いている

大事なのは、リスニングした英語を日本語に訳すクセをなくすこと

日本語脳とは

日本語の文法(語順)に意識がしばられてしまい、英語が耳から脳内に入るとたんに無意識に日本語で意味を捉えようとしてしまうこと

つまるところ「聞いた英語を英語のままでイメージできているかどうか」

「なんで英語を日本語に訳しちゃいけないの!?」と思う方がいるでしょう。

なぜなら、日本語の語順に翻訳して脳が気を取られている間にリスニングを聞き逃してしまうからです。

例で考えてみましょう。

例えば、”I usually do my homework at home every night .”

というフレーズがリスニング問題で出たとします。

受けた英語を

いつどこで何をどうする

私は → 毎晩 → 家で →  宿題を → やる

↑日本語の文法(語順)に並び替えずに↑

誰がどうする何をどこでいつ

私は → やる → 宿題を → 家で → 毎晩

↑英語の語順で意味全体をイメージ理解する!

私が英語脳のトレーニングにハマっている時は、日本語で喋る時も英語の文法で喋り出す時がありました。笑

リスニングができない理由②発音がカタカナ英語

本来、話す力と聞く力は常に均衡していることはご存知でしょうか?

自分で出せない(発)音は聞き取ることもできません。

知らない英語の(初)音が来ても耳は反応してくれません。

ネイティブの英語の発音が理解できるようになるのは自分自身がその音を出せるようになるからです。

リスニングスキルが上がれば発音スキルも上がります

逆にいえば、発音スキルが向上すれば自然とリスニングスキルも上達できるというわけです。

「発音とリスニング 」

これには音節が大きく関わっていますので簡単に解説します。

音節(syllable)を理解しよう

英語特有の音の変化に慣れていないだけです。

この英語特有の音の変化のことを音節(シラブル)と呼んでいます。

この音節の仕組みに慣れていないと、耳が英語の音に反応できずにそのまま聞き流してしまいまうので、シラブルを知らなかった人は是非参考にしてみてください。

そもそも音節(シラブル)とは何
音節(シラブル)とは、連続する言語音を区切る分節単位の一種であり、発音するための音1つのかたまりをいいます。

単語だけなら変化しない音の数(=音節)も、文章になると単語の並び方によって発音が連なって音節が変化すること。

イマイチ分からないと言う方は、 例文でみてみましょう。

これ、なんて言っているか理解できますか?

「ドゥユノワラィミン?」

「わらいみん〜?」何でしょう。アリナミンでしょうか?・・・違いますね!笑

正しくは、

「Do you know whatI mean?
(私の言うことがわかりますか?)」

カタカナ英語英語の音節(シラブル)
ドゥ/ユ/ノー/ワッ/ト/アイ/ミーン?どぅ/ゆ/のう/ぅわらぃ/み~ん?
7音節5音節

 

音節が変わると、全く違う単語に聞こえてしまいますよね。

このことが音節の違いです。

このように、同じ単語でも日本語と英語では音の区切り方がまるで違うため、リスニングになると耳が反応せずに聞き逃してしまうのです。

リスニングができない理由③音の特性を知らない

一つの単語なら発音が聞き取れるのですが、単語と単語が集まった文章になった時は注意が必要です。

先ほど、音節(シラブル)の話をしましたが、今回解説する音の特性はちょっと違います。

音の特性とはリエゾンのこと

音の特性(リエゾン)は大きく分けて次の3つです。
①リンキング
②リダクション
③フラッピング

①    リンキング

 

リンキングの特徴

二つ以上の単語が連結したときにおきる発音の変化
・特定の単語の末尾の音とそのあとにくる単語の先頭の音が連結して違う発音になる

 

【子音+母音のパターン】リンキングの発音
about itアバアリ
Work outウワカウット
Make itメイキッ
 First of allファスタバウ
As soon asアズスナーズ
Going onゴーイノーン

 

【子音+子音のパターン】リンキングの発音
thank youセンキュ
 (Nice to )Meet youミイチュ
 get youゲッチュ

 

②  リダクション

スペル表記にはあるけど発音するとき音が消えること(脱落)を指します。

リダクションの特徴

”T” ”D” ”G” ”H”の音が脱落するパターン
同じ音(t-t)や似ている音(c-k)が続いて脱落するパターン

 

リダクションリダクションの発音
can’tキャン(Tの発音が脱落)
good morningグモーニン(dとgが脱落)
swimmingスウィミン (gが脱落)
How’s goingハウズゴーイン(gが脱落)

 

③    フラッピング

”T”や”D”の音が「ら」の音に発音されるパターンです。

フラッピングの特徴

自分でも発音してみたい方は、最後の「らー」を気持ち低く短めに流れるように言うとネイティブ風に言えます。

フラッピングフラッピングの発音
betterベラー
waterワラー
letterレラー
twitterツイラー

 

「あ〜難しくて私はムリ!」
「なんだか自信なくしてきた…」 

いろいろ言いましたが大丈夫、全くそんなことはありません。

そんな方でも、誰でも確実にリスニングが上達できる方法があるんです。

次に私が実際にリスニング克服するまで、やってきたことを紹介します。

リスニングができない私が苦手克服できた方法

色々勉強法を試してきましたが、今回は2つに厳選して紹介します。

リスニング苦手克服①英語の音を耳から学ぶ

まずは、英語の音を耳から学ぶことです。

リスニング克服にいろいろリスニング克服のために勉強法を試してきましたが、シャドーウィングおすすめです。

知らなきゃ損!発音に絶大な効果があるシャドーウィングの正しい学習法とコツこんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。 今回は、発音に絶大な効果があるシャドーウィングの正しい学習法とコツ...
シャドーウィングとは?

スピーカーのあとをひたすら追いかけて発音する練習法

日本人がリスニングが苦手な理由は英語の音が分からないことが元となって起こります

スピーキングからではなく、リスニング からも両方からスキルを底上げすることで最短でリスニングが上達できます。

ときどき「何て発音してるかはわからないけど、何回も聞いていれば聞き取れる様になる」と謳っている教材がありますが、あれは大ウソです。

わからない音は何回聞いてもわからないままです。

「赤ちゃんも日本語を聞いているだけで話せる様になったじゃん」という方もいますが、それは第一言語を認知する脳細胞が作られる大事な時期だからというわけであって、大人が英語を聞き流しても時間がもったいないだけです。

リスニング苦手克服②ノンネイティブとオンライン

先日、Twitterでこんな投稿をしました。

私がずっと続けてきたのが、オンライン英会話。

フィリピン人講師だけで構成されているレアジョブ英会話です。

私このレアジョブ英会話を選んだ理由は、
非ネイティブこそが日本人に最適な講師だと確信したから

新規限定となりますが、無料でレッスンを受けた時に「ここかもしれない」と思いました。

レアジョブ英会話無料レッスンレビューを見たい方はコチラ⇩

【完全無料体験レッスン】レアジョブ英会話の現役会員がレビューこんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。 今回は、口コミで講師の質が評判のレアジョブ英会話無料体験レッスンの...

フィリピン人は、日本人と同じ第二言語として英語を学び始め、公用語が英語なので非ネイティブの中ではトップクラスの英語スピーカー

英会話の初心者であるほどフィリピン人講師ををおすすめする理由こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。 今回は、英会話初心者がフィリピン人講師を選ぶべき理由を解説します。 ...

英語スキルが急に必要になった初心者の方は特に、フィリピン人から英語を学んだ方が時間対効果が多く見込めます。

なぜならネイティブは感覚的に英語を話しているところがあるため、日本人に教えるのが不向きですし日本人も理解しづらいです。

例えて言うなら、いきなりあなたがアメリカ人に日本語を文法から教えてあげるようなものです。
母国語を話せるからといって、他人に教えてあげられるという認識は捨てましょう。

ネイティブへの憧れでネイティブ講師を選んでもただ会話して終わってしまうことが多いので、あまりいいレッスンができないのが現実です。

【無料体験レッスン】はコチラから⇩⇩



「イギリスやアメリカ人のネイティブ講師にこだわりたい!」という方は他のオンライン英会話をチェックしてみてはいかがでしょう。

家にいながら海外に挑戦できるオンライン英会話の比較レビューはコチラ!

初めてのオンライン英会話で失敗しない選び方【無料体験有り】こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。 今回は、初心者でも絶対に失敗しないオンライン英会話の選び方を解説し...
ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です