おとなのための英会話イベント

異文化交流イベントのあいさつで使える例文とその3つの注意点

ゼットマン
ゼットマン
やあ瑛太くん!・・・あれ?なんか挙動不審だぞ、大丈夫かい?
瑛太
瑛太
あ、ゼットマン!実は来週末に友達を集めて異文化交流イベントを主催する予定なんだけど、開式のスピーチをどんな感じで言ったら良いのかわからなくて困ってるんだよ〜。人前でスピーチだなんてアガっちゃいそうだし・・・
ゼットマン
ゼットマン
それはすごい!スピーチの参考例文とある注意点さえおさえておくことをオススメする!
瑛太
瑛太
例文があれば、どんなニュアンスで言い回しを使えば良いのかがわかりやすいね!ゼットマンありがとう!

筆者は地元の英語が好きな友達を集めて月に一回異文化交流イベントを開催しています。
これまでの経験を活かし、これから新しく英語のイベントを始められる方の参考になればと思いこの記事を書きました。
実際に使ってきたイベント開式スピーチの例文を載せましたので、参考にしてみてください。

僕はこんな感じでイベントやりました!

例文を紹介する前に、私が行なってきたイベントをかる〜く紹介させてもらいますと、30分ごと英語と日本語を繰り返して異文化交流するイベントです。
そもそもなぜ留学やワーホリ経験もない地方サラリーマンの筆者がイベントを始めたかというと、「自由に言語を楽しむ」ことをみんなと共有したかったからです。

これから英会話イベントを主催しようと考えている方は「facebookを使って英語のイベントを主催する方法!気になる費用と儲け」も合わせてチェックしてみてください。

facebookを使って英語のイベントを主催する方法!気になる費用と儲け

開式のスピーチ例文(アレンジかんたん!)

Ok everyone ! May I have your attention please? ! It’s time to start.
(さぁみなさん、注目してくださーい!始まりのお時間がやってきました。)
Welcome to English event.
(英語イベントにようこそおいでくださいました!)
My name is (自分の名前),organizer of this event.
(私は本イベントを主催したxxxxxxxです。)
Thank you all for coming today .
(本日はご参加いただきありがとうございます。)
Firstly, I am going to introduce you event-program from now.
(まずはじめに、このイベントのプログラムを紹介したいと思います。)
This is language exchange workshop to enjoy conversation.
(本イベントは会話を楽しむための言語交換ワークショップです。)
I hope everybody will enjoy today’s event.
(皆様にイベントをたのしんでもらいたいと思います。)
The conversation will be changed every 30 minutes from English to Japanese.
(会話は30分ごと英語から日本語へ切り替わります。)
This is my request.
(私にはリクエストがあります。)
Please don’t be afraid to commit mistakes and express yourself freely.
(間違いを恐れず自由に言いたいことを表現してください。)
Just enjoy conversations and find your new mates!
(とにかく、会話を楽しんで新しい友達を見つけましょう。)
LET’S START ENGLISH EVENT.
(それでは英語イベントのはじまりです!)
(セルフ拍手)

ゼットマン
ゼットマン
続いて閉式のスピーチの例文だゼーット!

閉式のスピーチ例文(アレンジかんたん!)

Excuse me Everyone~
(ごめんなさいみなさん〜)
OUR TIME is up!
(お時間がきてしまいました!)
It was so much fun time to share our time with you.
(同じ時間を過ごせてとても楽しかったです。)
For your reference,Next event will be on 24th August.
(参考までに、次のイベントは8月24日に開かれますのでよろしくお願いします。)
You can find the information on my Facebook page.
(フェイスブックページにイベント情報が載っていますのでチェックしてみてください。)
Please leave your schedule open and come along with your friends.
(みなさん、予定を空けておいてくださいね、そして友達もお誘い合わせの上お越しください。)
Lastly,I would like to say Thank you for coming today .
(最後に、本日はご参加くださり誠にありがとうございます。)
Hope to see you guys next month and have a nice weekend.
(来月もまたここでお会いしましょう!そして良い週末をお越しください!)
Thank you very much.
(ありがとうございました!)

 

ゼットマン
ゼットマン
次はスピーチを成功させる3つの注意点を説明するゼーット!

スピーチする上で3つの注意点

3-1.表情明るく、リズミカルに話す

表情は感情常にリンクしており、良くも悪くも周りに伝染します。
歌を歌うような気持ちでリズムに乗せて大きな声で声を出しましょう。
これをやるだけでスピーチはそれっぽくなります。

3-2.自分の名前を入れる

開式の言葉の冒頭で自分の名前を言いましょう。
自己紹介入れなくて大丈夫です。名前だけで大丈夫です。
名前も知らない人が目の前でスピーチしても「なんだこいつ」と思われたまま説得力が得られないので注意しましょう。

3-3.緊張せずに参加者全員に心を開く

人前で話すのは緊張しますよね!
「間違ったらどうしよう」とか「みんなに変に思われる」と怖がってしまうともう緊張が取れない・・・そんな経験ありますよね。
しかしそれは非常にもったいないことです。
英語のイベントでは、純粋に英語で楽しみたい英語が好きな者同士で集まっているだけなので、主催者がスピーチで噛んだり失敗しても実はな〜んとも思いません。
参加者全員に心を開き、すべてをさらけ出す思いでスピーチしましょう。
イベントの空間にいると、集団心理に襲われてヒトはみんなと同じことをしようとします。
なので、何かをさせたいときは自分から何かを仕掛けましょう。
例えば、開式スピーチの〆がうまくできないときは自分からセルフ拍手をして参加者全員を誘います。
面白いことにみんな続いて拍手をはじめます。

まとめ

 

私もイベントを開いてみたいな、と少しでも思った方は是非フェイスブックでイベントを開いてみましょう。

冒頭にも紹介しましたが、facebookを使って英語のイベントを主催する方法!気になる費用と儲けを参考にしてみてください。
イベントを開くにあたって、特に発音とスピーキングスキルが大事な要素となってきますので、事前の練習が必要です。
発音とスピーキングを鍛えるには、英語を母国語とするネイティブ外国人にレクチャーを受けるのが一番です。
スピーチ練習は文章ごと暗記をして練習するべきではありません。
実際に声を出してスピーチしながら練習をすることで、声に出してみないとわからなかった失敗やクセに気づくことができるため効果的な学習法です。
アウトプットしながら覚えるのがオススメです。
その学習法の代表格がオンライン英会話です。
いきなり会員登録は敷き居が高いという方は、無料お試し料金レッスンを試してみましょう。
スマホかパソコン1台あれば誰でもかんたんに受けることができます。
無料といっても、やみくもに受けるのはオススメしません
詳しく理由を知りたい方は「講師も教師もタイプ別で変わる!オンライン英会話の選び方」を参考にしてみてください。

講師も教師もタイプ別で変わる!オンライン英会話の選び方


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です