オンライン英会話

オンライン英会話現役ユーザーが伝授!失敗しない先生の選び方

こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。

今回は、オンライン英会話で効率的に学びたい人に向けて、失敗しない先生の選び方を解説します。

結論から言うと、次の3つを実践すれば、英語が話せない人でも1ヶ月後には簡単な日常会話をスラスラ話せるようになります。
①自分からリクエストを出す
②長時間シフトの講師は避ける
③40歳以上女性講師を選ぶ




▼ここで少し自己紹介・・・

これまで私はオンライン英会話レッスンを1,500回以上続けてきました↓

その経験をもとに、オンライン英会話が何も分からない初心者でも失敗しない先生の選び方を紹介します。

質の良い先生を選べば会話が盛り上がります。
会話が盛り上がれば発話する回数が増えます。
発話する回数が増えれば経験が増えます。
経験が増えれば実力に変わっていきます。

つまり、

質の良い先生を選ぶことで英会話の実力がアップするということ。

失敗しない先生の選び方 ①自分からリクエストする

オンライン英会話で上達しない人に共通していること

それは、先生がぜーんぶ手取り足取りレッスンしてくれると思い込んでいることです。

オンライン英会話は学校みたいにカリキュラムが決まっているわけではないので、常にレッスンマスターが不在の状況です。

言い方を変えれば、レッスン内容をこちらから指示してしまえばいいんです!

初対面の講師とレッスンするときは必ず自分が何を学びたいかを講師に伝えましょう。

生徒が講師を知らないように、講師だって生徒の名前も知らなければ実力、学びたいジャンルもわかりません。
ご存知の通り、レッスン1コマ25分間しかありません。

その限られた時間の中でどれだけ英語を学ぶ内容を充実させることができるかが上達の鍵です。ほんとに。

例えば、ネイティブと会話できるようになりたいけど何をすれば良いのかわからないという場合はこう言いましょう。

例文

I would like to be able to have a conversation with Native speakers freely.
(私はネイティブと自由に会話できるようになりたいです。)
What should I do for achieving it?
(その目標を達成するためにはどうすればいいですか?)

ストイックに英語を学びたい方はこう言いましょう。

例文

I just want to become fluent speaker in English so please feel free to suggest me when I make mistakes,thank you.
(とにかく私は英語を流暢に話せるようになりたいので間違いがあればどんどん言ってください。)

最近のオンライン英会話ではレッスンを予約するタイミングでリクエスト記入欄が設けられていますので、スピーキングが苦手な方はリクエストを文字起こしして事前に講師に伝えましょう。

そうすれば、レッスン冒頭のアイスブレイクとして使われる自己紹介やあいさつ(How are you doing today?など)に割かれる時間を最小限に抑えることができ、もっと効果的に英語を学んでいくことができます。

失敗しない先生の選び方 ②長時間シフトの先生は避ける

講師を予約する前に、その講師のスケジュールを確認してみてください。

朝から晩までずーっとレッスン開講している講師は要注意です。

なぜなら、その類の講師の一部は英語を生徒に教えるのではなく「お金を稼ぐ」ことだけを優先しているからです。

※あくまで一部です。全ての講師がそうではありません。

ブックマーク数=人気=質の良い講師
ではなく、正しくは 
ブックマーク数=人気質の良い講師です

ここで少し先生たちの給料のお話・・・

オンライン英会話の給料を先生に聞いてみたところ、基本給+(歩合)で決まるそうです。
この(歩合)は文字通りレッスンをすればするほど大きくなります。

私の経験上、長時間つづけて開講している先生のレッスンを受けたとき、質のいいレッスンを受けたケースが少ないです。
一方、開講数が少ない先生のレッスンを受けたときは生徒が話している最中にも関わらずあくびを何回もしたり酒を飲んだり訂正を何もしてくれない講師もいました。

これはあくまで一つの判断材料にすぎませんが、不特定多数の講師から選び出すときに、大雑把にふるい分けできるいい見分ける方法ですので是非参考にしてみてください。

オススメしないタイプの講師スケジュール表⇩⇩

オススメする講師スケジュール表⇩⇩

失敗しない先生の選び方 ③40歳以上の女性

オンライン英会話を続けているのに話せない人がやるべき3つの方法でも少し触れましたが、若い女性講師を選ぶのはオススメしません

特に10代から30代の女性は避けたほうが無難かもしれません。
理由は小さい子どもです。

若い女性を選ぶと、子どもが平気でお母さん(女性講師)に話しかけたり、赤ちゃんの鳴き声でレッスンが中断されたりすることが多いからです。

これには出産年齢の違いが大きく関係しており、フィリピン人に至っては顕著です。

日本の第一子出産平均年齢が30歳、対してフィリピン人は23歳で日本と比べ第一子出産平均年齢が7歳も早い傾向にあります。

講師側の都合でレッスンを十分に受けられなかった時の救済措置として「振替チケット」が付与されるオンライン英会話がほとんどですが、そのレッスンの為に費やした時間までは返ってきません

「もし講師選びがうまくいっていれば、自分が期待していなかったレッスンを受けている時間に充実したレッスンを受けられたのに・・・」と後悔しないようにしましょう。

それでもオンライン英会話の先生選びで失敗したら

もしかしたら、いま利用しているオンライン英会話が向いていないのかもしれません。
「オンライン英会話なんてどこも同じだろ・・・」 「いいえ、全く違います!」

オンライン英会話が違えば、チカラを入れているジャンルや教材が全く違ってきます。
現在続けているオンライン英会話とは別に、他のオンライン英会話を試してみてはいかがでしょうか。
今なら無料体験キャンペーン中なので、この機会に是非トライしてみましょう。

詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ↓

失敗しないオンライン英会話の選び方

英語のオンライン学習を継続できているのであれば、必ず上達します。
しかし、講師の選び方を変えるだけでガラッと学習の質が上がります。
学習の質が上がればインプットできる量も増えます。

レッスンでインプットする量はモチベーションの高さにつながっていきますので今後のオンライン英会話の励みにしていただきたいと思います。


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です