スピーキング

初心者でも失敗しない英語のイベントを主催する方法!

こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。
今回は、初心者でも失敗しない英語のイベントを主催する方法を解説します。

どのくらい費用がかかって、どのくらい儲かったのかも交えながら紹介します。

私は地方で働く平凡なサラリーマンですが、イベント一回につき50,000円儲けました。
費用は、0円です!
かかったのは自分の労力だけです!

結論から言うと、フェイスブックを使えば初心者でも失敗しません。
これから英語イベントを開きたい方のために、どのようにしてイベントを開けばいいのかを3ステップに分けて紹介します。




【STEP1】英語イベント主催必要な3要素を決める

①主催するパートナー
②会場
③コンセプト

上記3つを最初に決めます。
今後イベントを続けていく場合、この3要素は切っても切り離せない普遍的な要素だからです。
これは時間をかけてもいいので、じっくり練りましょう。

1-1.イベント主催するパートナー


いわゆる共催する相手です。
たとえ小さなイベントでも自分一つの体では限界があります。
イベント当日のルーティーンを回しながら参加者への挨拶などやることが盛りだくさんです。一緒に主催するパートナーがいれば、心のゆとりを持てますしモチベーションも上がります。
場合によっては、当日自分が体調不良になる可能性も少なからずありますので、一人ですべてをやりきるのはなるべく避けましょう。

1-2.英語イベント会場を決める


この3要素の中で最も決めるのが難しいです。
箱(会場)は小さすぎても大きすぎてもダメです。
大きすぎると貸切費用がかさんで赤字になったり、
小さすぎると参加者がオーバーフローしてしまう可能性があります。

コツは、希望より少し小さめの店を貸し切ることです。
小さめのお店は個人経営が多いので、マスターと仲良くなれば貸切費用を無料にしてくれることもあります。
筆者もいくつか小さなバーやカフェで交渉したら、7割が無料貸切の承諾をしてくれました
それもそのはず、イベントほど客が殺到する機会はないので通常営業するよりも黒字になる場合が多いのです。
参加費をつければ主催者のポケットに儲けがそのまま入るので儲け重視の方は慎重に会場を選びましょう。

お店を無料で貸切する交渉する場合、イベントの時間を2〜3時間程度に収めましょう。
それ以上長くお店を拘束してしまうと、お店側も無料で貸切してくれない傾向にあります。

1-3.英語イベントのコンセプト

参加者に何を感じて欲しいのか、何をしてもらいたいのかを考えましょう。
「みんなで集まってわいわいやってくれればいい」程度のコンセプトでいるようだと、告知を見た人も興味を持ちませんし集客しにくいです。

コンセプトがイベントそのものになるため、一度決めたらそのまま通さないといけません。
変えることも可能ですが、参加者が混乱してしまうのでオススメしません。

【STEP2】 英語イベント情報をフェイスブック経由で宣伝する

フェイスブックユーザーなら、規定のフォーマットに情報を打ち込めばイベント情報を簡単に作ることができます。

紙でフライヤー(チラシ)を作って街頭で配る時代は終わりました。
主催者がインターネットで告知して、気に入った人がシェアをするため集客効果はチラシを手渡しするよりも何倍もいいです。

【STEP3】 SNSで英語イベント告知をする

はじめてイベントを開くときは、イベント告知に時間をかけましょう
告知を出すおすすめのタイミングは開催1ヶ月前です。
定期的に開催されているイベントならイベント名を聞いただけでイメージができますが、初めて開くイベントは内容から知ってもらわないといけません。

なるべく多くのSNSユーザーの目に入るように、facebookだけでなくインスタグラムやtwitter、LINEのシェア機能を使いましょう。

facebookでイベント告知をしてみよう!

イベントの広告はfacebookを使えばシンプルに作れてしまいます。

手順①facebookマイページの左側に表示される「イベント」クリック

手順②左側に出てくる「+イベントを作成▼」をクリック

手順③「公開イベントを作成」を選択した後、下記フォームにしたがって入力

 

私はこうして英語イベントを開きました

いいめぐり逢い

英語のイベントを開いてみたいと思った私は、ある日何の気なしに英会話イベントに参加していました。
偶然居合わせたスリランカ人と意気投合し、今後の目標の話までもりあがりました。ちょうどイベントをやりたいという私にびっくりした様子でスリランカ人もイベントをやってみたいという同じ目標を持っていることも驚きました。さらに幸運なことに、そのスリランカ人のコネでカフェのマスターに頼み込んでもらい、2時間無料で貸切にしてくれたのです。
共催パートナーとなったスリランカ人が彼のネットワークを使って外国人グループにイベント告知を送ってくれたおかげで初回から40名ほど集まってくれました。

会費はどのくらいがいいのか?

一時期、参加費を募って儲けていましたが、一番多く集まったのはワンコイン(500円)イベントでした。
やはりワンコインはお手軽なイメージがあり、new faceだけでなくリピーターも多く参加してくれました。
儲けたい人はもっと参加費をあげるのも一つの手段ですが、参加者の反応も考えながら決めるのがいいでしょう。

イベントの進め方は

英語と日本語を30分ごと切り替えて会話を楽しみます。
外国人も日本語を話したい人が意外と多くいることに気づき、このスタイルにたどり着きました。
スピーチは始まりと会話が切り替わる時、クローズする時のみです。

イベントで実際に使っているスピーチ原稿を載せておきますので、参考にしてみてください。

イベントのコンセプトは?

私は定期的に英語をface to faceで使える機会が欲しくて言語交換会ワークショップを始めました。
地元で働いている外国人や英語を学んでいる日本人を招いてドリンクを片手に会話を共有します。

イベントスタイルは?

アイリッシュバー風にワンオーダー制、スタンディング形式で会話を楽しんでもらうスタイルにしました。
予約制は一切とらず、参加者にはワンコインのみ徴収。
途中入退場自由であえて放任的なイベントにしました。
結果的に人の動きが流動的になって、良い形になってくれました。

ドリンクは?

カフェで開いたのでコーヒーも考えましたが、お酒が好きな外国人向けにアルコール飲料をおきました。
お店の貸切を無料にした代わりに、イベント仕様だったので高めの料金設定にしました。

英語が第3コミュニティ

家族や友達のコミュニテイ、職場や学校のコミュニティ、それに加えて英語が好きな人同士の第三コミュニテイが生まれることで人脈が広がり、いろんな人にインスパイア(感化)されて世界観が変わるほどです。

英語イベントを開く前にスピーチの練習をしましょう

英語のイベントで儲けるには、ある程度労力が必要です。
なにより、イベントをオーガナイズするマネジメント力を鍛えることができるためお金には変えられない即戦力のスキルを身につけることができます。

あなたは英語のスピーチに絶対的な自信はありますか?

もしそうでなければ、オンライン英会話の無料お試しレッスンスピーチに慣れておいたほうがいいでしょう。

ぶっちゃけて申し上げると、社会人になるまでは高校英語でしか話せませんでしたが、私が人前で英語でスピーチができるようになったのはオンライン英会話のおかげでした。

オンライン英会話の無料体験レッスンを受けるだけで、初心者でも人前で話せる自信くらいにはなります。
興味のある方は下のリンクから無料体験レッスンにアクセスして人前で話す練習をしてみましょう。


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です