コラム

英語の勉強や授業に集中できない理由について考えてみた

こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。

今回は、英語の勉強や授業に集中できない理由について考えてみました。




私が英語学習を初めて間もないころ、最初の敵は「眠気」でした。笑

 

今回は、英語の勉強や授業が集中できない理由と対策について実践経験を踏まえて紹介していきます。

私も英語を始めた当初は英語のやる気はあるのに、なぜか英語の時間になると眠くなってしまいました。
あんまりにも長く眠い状態が続いたため、自分は集中力のない人間じゃないか…と自己嫌悪に陥ってしまいそうでした。

しかし、試行錯誤していくうちにある方法と出会いました。

ある方法を実践してから眠気に悩まされることはなく英語の勉強に集中できるようになりました。
一時的な応急処置ではなく、今後英語を継続して学習していく気持ちの作り方を体得できました。

極論、眠気は生理現象のため、結論うまく付き合って行くしかありません!

原因が「寝不足」、というのは度外視して内容はメンタル中心にコミットして紹介していきます。

まずは原因から見ていきましょう。

英語の勉強中や授業中に眠くなる3つの原因

1-1.やる気が過剰

これは、ビギナーによくあるパターンです。

やる気があって意気込んでいるということはそれなりに理想や目的が大きい人だと思います。
そのやる気に対して成果が伴っていないと、すぐにやりがいを無くしてしまいがちです。
やる気が大きすぎると、どうしても見返りも大きく期待してしまいます。

その見返りがなかったら、自分自身が全否定されたように感じてしまい結果的に集中力がなくなっていきます。

やる気が大きすぎて空回りしてしまうのです。

例えば、逆上がりすらできない人がオリンピック競技のような大回転にトライするとします。
燃え上がるようなやる気を持ってトライしてもおそらく不可能でしょう。

目の前の目標に対して、自分の”ちょうどいいやる気”を知ることが一番集中できる秘訣です。

早く英語を話せるようになりたい気持ちは理解できますが、英語は1日にしてならずです。コツコツですが長い目で見て学習していきましょう。

1-2.教材がレベルに合っていない

集中できないのはあなたが悪いわけではありません。
もしかしたら、現在のスキルと使っている教材のレベルが合っていない場合があります。

自分にあった教材レベルでないと、説明文や注釈箇所ですらも意味がわからなくなります。

一番いけないのは、手応えがないこと

主に教材はレベル毎作られているので、そのレベル以下で覚えているはずの単語や文法表現はいうまでもなく省略されています。

レベルが高い教材を使えばその分上達する早さも上がるという人が時々いますが
それは間違っています。

英語にはステージがあります。
その人のレベルと比べてかけ離れた教材をみても、語彙もなければ文法表現も知らないので何も読めません。
そのテキストで常用している英単語や文法用法すらも読み進めなくなる可能性があるので各出版社が定めるレベルに従って選びましょう。

オススメの教材の選び方

本屋でパラパラっと開いてみて、だいたい50%くらい意味がわかる!と思ったものを買いましょう。

なんとなくの感覚で良いです。でも、必ず手に取って読んでください。

1-3.慣れが生じている

毎日同じ学習をしていては脳が慣れてしまい、必然的に退屈になってしまいます。

やる気はあるんだけれども思うようにはかどらない人は新しい学習法を取り入れることが大事です。

一旦慣れが生じてしまうと、徐々に脳内に刺激が行かなくなり、学習してもインプットしにくくなってしまいます。

テキストで勉強している人は、文字の羅列で脳が退屈になっていると思います。

例えば、いつもと違うユーチューブでバイリンガル講師の動画を見たり、洋楽を聴いてみたりすると、脳がリフレッシュでき短時間で集中してまた学習できます。

別記事にある「モチベーションの保ち方も合わせて読んでみてください。

集中する為の3つの対策

2-1.リラックスして楽しむ気持ちで

さあ、勉強するぞ!と意気込んでいるとどうしてもすぐに疲れてしまいます。

学ぶ、という感覚よりも英語を楽しむ、という意識に変えていくと、勉強に対するプレッシャーや強迫観念から解放される為、リラックスして勉強に臨むのがオススメです。

英語学習の定着度や成長は目に見えにくいので、焦りやもどかしさが付きものです。

いつでも楽しむ気持ちを忘れずにいれば、集中できずにもどかしい気持ちにならずに済みます。

2-2.一日の勉強時間を5分と決めてみる

勉強始めたての人は、「一日3時間以上勉強する」といったようにやる気に満ち溢れていますが、8割が空回りして中途半端に終わってしまいます。

ここでオススメするのは、まずは5分だけやってみてください。

5分経ったら漫画読んでもドラマ見ても大丈夫です。

(5分後)…どうでしょう。
5分なんてあっという間に経ってしまいますよね。

心と体は常にリンクしているので、先に行動してやれば心(やる気)が後からついて来ます。

楽しいから笑うのではありません。笑うから楽しいのです。

まずはカタチから入って、後のことは気分で決めましょう。
その頃にはオンにスイッチしているはずです。

2-3.仮眠する

最終手段です。
眠い時は素直に寝ましょう。
30分以上寝てしまうと、睡眠慣性というものが働いて起きた後もぼーっとしてしまうため、15分程度にとどめましょう。

時間がない時は1分間目をつぶって脳を休めましょう。やはりつかれたときは寝るに限ります。

最後に

どの学習もそうですが、英語の学習もまた眠気との戦いです。
1日45分睡眠で有名な武井壮さんみたいにはなれませんが、紹介した時間マネジメントや心理の特徴をうまく利用していければ質の高い学習が継続できるのではないかと思います。

集中力を高める意味でも、オンライン英会話が注目されています。

今なら期間限定で無料体験キャンペーン中のため、この機会に是非1レッスン体験してみましょう。

講師も教材も1分で決まる!オンライン英会話の選び方

 


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です