フレーズ

セリフが聞き取れない人が映画で英会話を学ぶ方法

こんにちは、「おとな英会話ジム」を運営しているゼットマンです。

今回は、セリフが聞き取れない人が映画で英会話を学ぶ方法を解説します。




映画を英会話学習の教材として取り上げる人も多くなってきました。 今回は、英語を聞き取れない人でも映画で英会話を学ぶ方法を紹介します。

まず最初に映画の進め方です。

映画学習の進め方

⑴日本語ver.で映画を見てストーリーを把握する(何回でも観る)

映像と内容をリンクさせることで後々セリフが頭に入ってきやすくなります。

⑵音声を英語にして日本語字幕で観る

音声を中心に聴くようにして、字幕を見過ぎないこと。

⑶音声と字幕を英語にして観る。演者になりきってセリフを言ってみる。

この時に、あまり助詞(in,on,under)や冠詞(a,the,an)は気にしすぎないこと

⑷好きなフレーズを暗記して、言い回してみる

アウトプットこそ学習です。覚えた単語やフレーズをどんどん口に出してみましょう。

進め方を学んだ次は映画の選び方です。

どんな映画を選ぶかで学べる内容が決まってしまいますのでしっかりと吟味して選びましょう。

失敗しない映画の選び方

好きなジャンル(好きな女優、俳優でも可)

英語学習の目的に沿った内容のもの

自分のレベルにマッチした映画

上記3点を心がけて選ぶようにしましょう。

2-1.好きなジャンル(好きな女優、俳優でも可)を選ぶ

当たり前と言ったらそうですが、どうせ観るなら好きな映画がいいですよね。

格好つけて小難しい映画を見ても、長続きしませんし楽しくありませんので絶対に避けましょう。

優しい映画が好きであればヒューマンラブストーリーから、クールで展開が早い映画であれば刑事アクションから 選んでいきましょう。

ジャンルは幅が広いので、決めづらい方がいるかと思います。

お気に入りの俳優か女優でも構いません。

厳密に言えば、その好きな演者の出身地によって訛りやアクセントが違うので注意が必要ですが気にしたら何もできないので度外視します。

例えば、 ジェイソンステイサムが好きなのであれば、トランスポーターとかエクスペンダブルズ。キャメロンディアス ならメリーに首ったけ、ホリディ、といった具合に一本に絞っていきましょう。

 

2-2.英語学習の目的に沿った内容のものを選ぶ

「英語学習の目的とは何か」を考えてみましょう

そもそも、あなたが英語を使って何をしていきたいか大きなテーマで言えばどんな人間として生きていきたいかということです。

シーンとセリフが連動しているので、英会話上達には非常に効果的です。

したがって、英語教材もまた目的に合わせていく必要があります。

例えば、英語を上達させて国際ビジネスで活躍していきたいと考えているのなら、ビジネス英語はカジュアル英語とは一線を画しているため、少し堅めの映画を選んでいきましょう。 (もちろん好きな映画という前提です!)

ビジネス英語を学びたい方ならコレ

・ウォール・ストリート

・インサイド・ジョブ

・英国王のスピーチ

・ソーシャルネットワーク

 

2-3.自分が理解できる範囲で映画を探す

現在の自分のレベルに合った映画をその候補の中から選んでいきましょう。

スクリーンプレイ”のウェブサイトで映画のタイトルを検索すると初級〜上級までレベルランクが一目でわかるようになっていますのでチェックしてみましょう。

2−3.スクリーンプレイの活用

映画教材が決まったら、スクリーンプレイでセリフ教材に対応しているか確認しましょう。

全ての映画にスクリーンプレイが発行されているわけではありません。

映画を選ぶ際に、参考の一つに考えてみてはいかがでしょうか。

分からないセリフが合ったら、都度シーンを止めて地道にインターネットで調べるよりも、スクリーンプレイを使った方が断然学習効率がいいですし、映画の背景や人物の心情までこと細やかに描かれていて、細かい情報まで知ることができ、映画を2倍楽しめます。

現在、販売されているセリフ集は176タイトル(2015年11月地点)ですが、これからどんどん増えていくと思います。

機会があったらお金を惜しまず買いましょう。

新作旧作いろんなジャンルの映画が揃っている為、映画にこだわらない人はスクリーンプレイのラインナップから選んでいくのもアリです。

スクリーンプレイとは?

名作映画完全セリフ集『スクリーンプレイ・シリーズ』。

映画のセリフとシーンの説明を完全に英語および日本語で文字起こししたもので、映画をバイリンガルな読み物として楽しむことができ、また英会話学習にも利用できるシリーズです。

映画学習のメリット

リスニング力が上がる 楽しくフレーズを覚えられる
映像とセリフがリンクしているので、 フレーズや単語が忘れにくい
外国人と話すときにトピックにできる
海外の文化や風習を見ることができる

そのなかで映画学習の最大のメリットは、映像やストーリーと一緒に覚えられることです。

目と耳で覚えられるため、記憶定着が確実に付けられます

特に日本人にはオススメ

また、日本人の悪いくせの「字幕を見すぎ」を断ち切ることができます。

例えば、”first of all”(まず第一に)という言葉があります。発音は、ファースタヴァウ、単語ごと読むと「ファースト、オブ、オール」。

ネイティブのほとんどが単語をつなげて発音している為、フレーズや単語のコロケーションは「耳」で覚えることが大事です。

 

映画学習のデメリット

一旦始めると終えるまでが長いことです。

映画一本あたり最低でも1時間くらいは掛かるので毎日1時間ずつだとして一ヶ月くらいは必要です。(個人差あり)

好きな映画でも、多少の根気は必要です。

ずーっと同じ教材(映画)だと、モチベーションも下がってしまうので、時には気分転換も必要です。 オススメの気分転換する手段に、オンライン英会話があります。 今なら期間限定で無料体験レッスンキャンペーンもしている為 この機会に是非利用しちゃいましょう!

講師も教材も1分で分かるオンライン英会話の選び方

しかし、映画一本終えられた時は大きな達成感を味わえます。

一本見終わった頃には、映画で起こる会話のパターンを体得できているため即戦力の知識やテクニックを身につけることができます。

映画学習は楽しく学ぶがルール

映画学習は「楽しく学ぶ」が大前提です。

そのためには、見たい時にすぐに見ることが大事です。

netflixamazonプライムビデオなどといった映画ストリーミングサイトを使えば見たい映画をすぐに見ることができます。

英語のフレーズを躍起になって覚えるのも時にはありですが、ストーリーを楽しんだ先の学習にしていきましょう。

 

 

ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です