スピーキング強化したい

英語でディスカッションできるようになるオススメ教材はコレ!

英語で自分の意見を言い合えるようになりたい
ニュース記事で学習しているけど、実際に会話でも使えるようになりたい
そもそもニュース記事の選び方がわからない

そんな疑問に答えます。

※少し前置きが長いのでサクッと読みたい方は目次からジャンプお願いします!

本記事を読めば、次のことができるようになります。

英字新聞をスラスラ読めるようになる
記事内容を理解した上で、自分の意見を自由に発信できるようになる
試験問題を超えて日常会話でも役立つフレーズを言えるようになる

 

最初に言っておくと、英語でディスカッションができるようになるにはオンライン教材で十分です。

特に、レアジョブ英会話Daily News Articleがオススメです。


瑛太
瑛太
なんか文章長くて難しそう〜自信なくなってきた・・・
ゼットマン
ゼットマン
DNAが難しいと感じるようだったら、2019年8月からスタートした新教材「Weekly News 試してみるといいぞこれはDNAが難しいと感じる人に向けて内容を少し優しくしたニュース記事となっているから、継続して学習しやすいんだ!

 

英文記事や洋書を読めるようになりたいのなら、ひたすら読む記事の量をこなすしかありません。
なぜなら、記事の書き方や言い回しに脳を慣れさせることが一番効果的な方法だからです。
つまり、自分の意見を言えるようになる前に記事を短時間で理解をしなければなりません。

例えば、足をつかずに泳げるようになりたければ家でイメトレするよりも実際に水に入って体で覚えていく方が効果的ですよね。

英語でも同様に、ニュース記事の多読が必要です。
とはいえ、なにも意識せずに読む行為だけでは上達は見込めません

量も大事ですが、質にもこだわってやると効果バツグンです。

前置きが長くなりましたが今回は、Daily News Article(下記DNAで略称)が英語学習にオススメな理由を解説します。

本記事を書いているゼットマンはレアジョブ英会話のレッスンを1,000回以上続けてきました。

DNA学習を始めてから半年くらいで早速効果がありました。(だいたい150レッスン目〜)
どんな効果かというと、特に発音、読解スピード、スピーキングが顕著に上がりました。
実体験だから言えること、分かったことを共有していきます。

早速みていきましょう。

 

1-1.入会不要!誰でもアクセスできる

レアジョブ英会話の一般教材は入会しないとアクセスできませんが、このニュース記事は誰でもアクセス可能です。
ニュース記事と音声だけ使えれば十分という人にオススメ。
とはいえ、発音や翻訳で誤りがあってもそのままの間違った認識のままいることになるため、講師と一緒に読み進めたほうがいいです。

1-2.広く浅く、知識人になれる

レアジョブ英会話のDNA記事には全8カテゴリのニュース記事から成り立っています。

レアジョブ英会話Daily News Articleジャンル

・Business(ビジネス)

・Education/Family(教育/家族)

・Health(健康)

・Human Interest(ヒューマンインタレスト=感情を与える記事)

・Lifestyle/Entertainment(生活/娯楽)

・Science/Environment(科学/環境)

・Sports(スポーツ)

・Technology/Innovations(化学/創造)

一定期間ニュース記事を継続すれば、日常会話でも話に参加できるようになります。
毎日ランダムでジャンルが変わるので、記事を継続して読み込んでいけばそのジャンルでよく使われる単語や言い回しを覚えることができるからです。

例えば環境問題の場合、よく地球温暖化問題が取り上げられます。
そんな記事は、使われる単語はほぼ決まっています。

【環境問題が提議されているニュース記事の場合】

太陽の熱放射を閉じ込める trap heat radiation from the sun
〜に責任を課す hold ~ accountable
海抜 above sea level
温室効果ガス greenhouse gas

ジャンルでよく頻繁に使われる英単語や言いまわしを覚えることで、幅広い会話に対応できるようになります。

時事ネタを記事にしているので、覚えた単語やイディオムは日常生活で間違いなく活躍します。
TOEICみたいに「単語を覚えっぱなし」にならないのは安心です。

1-3.シャドーウィングに最適!【音声速度調整可能】

音声データの「音」で学習することで、英語特有の発音に慣れることができるメリットがあります。

さらにシャドーウィングを続けることで英語の音の変化やリズムを学ぶことができます。

英語の音の変化やリズムについて知りたい方は、下記リンクからチェックしてみてください。

【保存版】英語のリスニングができない理由と苦手克服する学習法こんにちは、「おとな英会話ジム」管理人のゼットマンです。 今回は、英語のリスニングができない理由と苦手克服する学習法を解説していき...

さらに、【音声速度調整可能】なのでディクテーションからリピーティング/シャドーウィングまで幅広いスピーキング練習に対応できます。

1-4.文章問題に強くなる

新聞や雑誌に比べると全く少ない文章ですが、毎日継続することで読解スピードも早くなるので、短い時間でより多い情報を得られるようになります。

1-5.ネタに飽きない

日常会話(フリーカンバセーション)で学習していると、つい話すネタがなかったりします。
そんな時にニュース記事があると、1レッスン沈黙に悩まされることはなくなります。

ニュース記事学習法の失敗例

これから紹介する学習法は、私が実際に失敗経験談です。

これを反面教師にして、正しい学習法で学んでいけば、実力が絶対についてきます。【保証】

2-1.いきなり記事を読んでしまう

とりあえずたくさん読みまくる、だけではダメです。

単語の意味もわからずニュース記事を呼んでいるだけでは上達はしません。
なぜならそれはただの「お経」でしかないからです。

瑛太
瑛太
そういえば誰かが「多読」をすることで英語がインプットされて英語が上達するって言ってたけど違うの?
ゼットマン
ゼットマン
たしかに「多読」は文章読解力に効果的な学習法だけど、前提条件として「知っている単語」を多く読み込むことが重要とされてるんだ!だから読めば読むほど語彙が増えるという「伝説」が存在するんだゼーット!
瑛太
瑛太
なるほど、だからいくら読んだって単語がどんな意味を持ってるかわからないとちっとも上達しなかったんだね!

このような「多聴多読」の認識はアメリカの南カリフォルニア大学のスティーヴン・クラッシェンが提唱したインプット仮説が関係していると思います。

インプット仮説は、言語学習者が受ける理解可能なインプット(comprehensible input:CI)が最も重要であるとする。発話された、あるいは、書かれた言語インプットの理解のみが、内在する言語能力の増加に寄与し、言語アウトプットは学習者の能力向上には全く影響しないとした。

ーWikipedia引用ー

文中にこう述べています。⇩

ここで、インプットならば何でも良いわけではなく「理解可能なインプット」でなければならないことが強調される

 

このように「知っている」単語を読むことで初めて脳が反応して学習します。
ニュース記事で知らない単語があったらまずは辞書で調べて「知っている」単語にしておくことが大事です。

2-2.復習しない

ニュース記事を読みっぱなしにしないことです。
なぜなら、間違った英語の使い方のまま覚えてしまう恐れがあるからです。

英語が上達する人、しない人の違いは何だと思いますか?

答えはフィードバックの質です。

ニュース記事で勉強した後そのままにせず、もう一回おさらいを行うことで自分の弱点やわからなかった単語を本質的な意味でインプットできます。

たとえば、数学のテスト勉強で過去問を解いていたとして、答え合わせをしたけど間違えていたままだと本番で出題されてもまた間違えてしまいます。
答え合わせの時に「どこで間違えたのか」「何の認識が誤っていたのか」を明確にすることで、本質的な意味で完全理解することができます。

先生にフィードバックをもらおう!

独学で英語を勉強するなら、一人で読み進めるのではなくレッスンで講師と学習した方が効果が高いです。

独学は細かいところまでインターネットで検索をしないといけないですが、オンライン講師がいればリアルタイムでアドバイスや指摘をもらえて忙しい社会人にぴったりな学習法だからです。

「外国人と会話、緊張する」

「やっぱりやめようかな」

「なんとなく怖い」

「今日はもう遅いし、明日にしよう」

そう思う方もいるかもしれません。

人間は、「未知のもの」を怖がり避けたがる習性があります。
ですが、ほんの一歩踏み出すだけで「知らないオンライン英会話」が「知っている世界」に変わり心理的ブレーキがなくなります。

東京大学の池谷教授が提唱しているやる気の法則「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる」ように、まずはオンライン英会話のレッスンが始まりさえすれば英語のやる気が出てきます

たとえ自分にマッチしていなくても「向いていなかった」という収穫になります。
その時は他教材にシフトすればいい話です。
そして後日に他のオンライン英会話を受けた時に客観的に比較することができます。

DNAは中級者向けです【最初はできなくて当たり前】

自分ではムリだ…と思われた方もいるかと思います。

冒頭で紹介したDaily News Articleは中級者レベルと言われています。

DNAはどちらかというと、中級者用なので多少意味がわからなくてもあまり気にしない方がいいです。
私も初めてから3ヶ月くらいは一つの記事翻訳するのに1時間かかっていました…

じゃあ初心者はやっても意味ない?
そうではありません。

レアジョブ英会話では、DNAが苦手な人でも無理なく学習できるニュース記事が用意されているので心配いりません。

ニュース記事のレベル選定は、無理なく継続して学習できる文章量で選びましょう。

Weekly News Articleは、2019年8月からスタートした新教材です。

こんな感じになってます。↓↓

McDonald’s introduces new type of Happy Meal
マクドナルドが幸せメニューを発表

なんだか、題名を読んでみると自分にもできそうな気がしてきませんか?

3〜4行で段落が区切られているので、デイリー記事(DNA)よりも理解がしやすくて講師からの質問も答えやすいです。

内容がいまいちわからなくても、まずは続けてみること。
続けるのも才能です。

まとめ

先ほど、前もって文章やわからない単語をチェックしておくことが大事と言いました。
とはいえ、黙々と文章を目で追うだけではインプット過剰となってしまいます。

音声データを活用してシャドーウィングも行いましょう。
さらに、声に出して読むことも大切です!

http://otona-eikaiwa.com/imporovement-study/

声に出して読むこと(アウトプット)と単語を覚える「インプット」の理想の割合は7:3とされています。

まずは無料登録の後、レッスンを体験してみましょう。


ゼットマン
おとなから英語学習を始めた方に向けた英語学習アカウントのメインキャラクター。相手に伝わる英会話をモットーに役立つ情報をお届けしている。(中)の人はレアジョブ英会話4年目突入
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です